ホーム » 標準カレンダーアプリを使う

iPhone 標準カレンダーアプリを使う

iPhoneに標準でインストールされているアプリは地図アプリだけではなく、その他のカレンダーやお天気のアプリもシンプルな見た目であるにもかかわらず、驚くほどの機能を揃えています。

標準アプリは一番よく利用するアプリであるにも関わらず、説明書などが一切ないので、ここでポイントを押さえておきましょう。きっと意外な利用方法が、見つかるはずですよ。

iPhoneのカレンダーアプリを利用する(予定を追加)

iPhoneにはスケジュール管理を行うためのカレンダーアプリもデフォルトでインストールされています。これを使わない手はないと思います。

まずは、カレンダーアプリをタップします。

カレンダーアプリをタップすると、下図が表示されます。まずは、予定を追加してみましょう。
下図の赤枠をタップすると予定を追加することができます。

iPhoneのカレンダーアプリを利用する(設定の確認)

カレンダーアプリは登録するだけではなく、必要な時にその予定を確認できなければ意味がないですよね。登録した予定は、以下のように表示され、確認できます。

カレンダーアプリは初期では、下図左上の様に一ヶ月単位で表示されます。月表示の下に選択した日の予定が表示されます。また、ヘッダー部の赤枠の「日」を選択すると、下図右上のように選択した日の予定が時間ごとに確認出来ます。

日の予定の赤い予定の箇所は選択するとさらに詳細を確認することができます(図右下)。
メモ欄は登録時または編集時にURLを記載でき、URLをタップすると、Safariを開くことが出来ます。

iPhoneのカレンダーアプリを利用する(アラートの設定)

予定登録時にアラートを設定すると、設定した時間にアラートを表示してお知らせしてくれます。

設定方法は、「+」をタップしたあとの続き(イベントの追加)からです。

下図左の通知をクリックして、イベント通知画面にて設定します。予定時刻にお知らせするか、2日前にお知らせするかを選択することができます。


設定完了後、正しく設定が出来ていれば、カレンダーアプリを起動していなくても、下記のように画面上にアラートを上げてお知らせしてくれます。


電池の消費を抑える設定