ホーム » 標準アプリを使う(地図)

iPhone 標準の地図アプリを使う

iPhoneにはデフォルトでいろいろなアプリがインストールされています(標準アプリ)。これらのアプリは、なぜ有料ではないのか不思議な程、便利で使いやすく高機能なものばかりです。これらの使い方も押さえておいて損はありません。

標準アプリで最も利用するアプリと言えば、地図(map)アプリではないでしょうか。意外と知らない地図アプリの使い方をここで紹介しちゃいます☆

iPhoneの地図アプリで現在位置を表示する

まずは、基本中の基本である、自分が今いる一店を表示する方法です。
自分の現在地を表示するには、ヘッダー部分の検索枠で現在地と入力して検索するか、フッターの特定の部分をタップすることで、表示することができます。

フッターの現在地マークは、下図(左)の赤枠の部分(左下のマーク)ですので、こちらをタップしてみてください。下図のように現在地が表示されます。また、下右図の経路を選択したあと、検索枠にて現在地を検索することでも、同様に現在地を表示出来ます。

なお、現在地は青い丸の部分です。自分自身が移動すると、青い丸も一緒になって移動します。


また、地図は、画像と同じように、ダブルタップや二本の指でスライドさせることで、拡大縮小させることができます。

iPhone 地図アプリでストリートビュー

iPhoneの地図アプリはgoogle mapですので、ストリートビューや、航空写真で確認することが出来ます。ストリートビューで確認するには下記のとおりに行う必要があります。

まず、ストリートビューを確認したい箇所にドロップピンを配置します。
ドロップピンは、該当の箇所をロングタップすることで配置ができます。

ピンを配置したあとあtに赤い人型のアイコンをタップすると該当箇所のストリートビューを下図の様に確認出来ます。ストリートビューは、スライドすることで、左右の景色も確認出来ます。


また、ピンは、下図の赤枠をタップすることで表示される「ピンの置き換え」で変更(配置)することもできますし、その他の航空写真の設定もこちらで設定出来ます。

iPhone 地図アプリで経路を検索

地図アプリでは、住所から検索することも出来ますし、駅名等の有名な地点であれば名称でも検索ができます。下記図左の経路をタップすると、出発と、目的地を入力できるようになります。

出発には、「現在地」と入力し、目的地には、向いたいところの住所または名称を入れて検索しすると、そこまでの道のりを表示してくれます。下図では六本木一丁目と虎ノ門までの道のりを表示しています。

上図右の様に右下の赤枠をタップして、経路を選択すると、詳細な経路が表示されます。
東京駅の中など、上下の移動が多い東京の各駅ではとても役に立つ機能かと思います。


電池の消費を抑える設定