ホーム » Safariを使う

iPhoneのブラウザ Safariを使う

iPhoneでは、標準ブラウザとしてSafariというアプリが搭載されています。

ブラウザとは、パソコンで、インターネットをすると気にみるInternet Explorerや、Firefoxなどのインターネットを見るためのツールだと思っていただければと思います。

Safariでは、携帯用のホームページ(HP)だけではなく、パソコン用のHPも閲覧できます。Safariの使い方をマスターしてHPの閲覧などを楽しんでしまいましょう。

iPhoneのSafariでWEBページを閲覧する。

それでは早速WEBページを閲覧してみたいと思います。
見るのは非常に簡単です。以下のSafariのアプリをタップしてみてください。Safariではフラッシュが対応していませんが、それ以外のほとんどのページは閲覧することができます。

はじめてSafariを利用する場合は、ブックマークの画面が表示されます。
ここでは、下図のようにAppleをタップしてAppleのページを表示してみましょう。

二回目以降は、前回表示していた画面が表示されます。

iPhone Safariの操作方法

iPhoneのSafariは、基本的に上下のヘッダー部と、フッター部にあるツールバーで操作をすることが出来ます。それぞれ各部の利用用途は以下のとおりです。

ヘッダー部分
①URLアドレス
ここにサイトのURLが表示されます。自身で直接入力してサイトに移動することもできます。

②検索用バー
ここに検索したい文字列を入力して検索を行います。上図では検索エンジンはGoogleとなっていますが、他の検索エンジンも利用できます。(yahoo、Bing)
※設定方法は、「設定」(アプリをタップ)→「Safari」→「検索エンジン」で設定を行います。


③戻る/進む
ブラウザで前の画面に戻ったり(左矢印)、次のページに進んだり(右矢印)するために利用します。

④プロパティ
ブックマークに追加やホーム画面に追加などの操作が行えます。


⑤ブックマークを開く
ブックマークに登録した(された)ページを開くことができます。

⑥ページの切り替え
複数ページを開いている時(別窓表示)に該当のページへ移動出来ます。
これは、現在のページを閉じることなく、別のページを開くことができるということです。

画面を左右にスライドさせると該当のページを開くことが出来ます。


電池の消費を抑える設定