ホーム » Wi-Fi接続方法

iPhone Wi-Fi接続方法

iPhoneは、電話やメールを受信する携帯電話でも利用できる3G回線と無線LAN(Wi-Fi)回線を使って、インターネットに接続することが出来ます。自宅で、無線LANがあるなら、是非使ってみましょう。3Gよりも大容量の通信ができるので、スイスイとWEBサービスを利用できます。

iPhoneのWi-Fi設定を行う

Wi-Fiを利用することで、3G回線を利用するよりも断然早く大容量のファイルをダウンロードしたり、重たいアプリをスイスイっとインストール出来ちゃいます。

まずは、無線LANルータの設定を確認し、SSIDとパスワードをメモしておきます。
一度設定してしまえば、以降は接続先を選択するだけで、Wi-Fiを利用できちゃいます。

iPhone側では、下記図のようにホーム画面の「設定」→「Wi-Fi」で設定が可能です。


上記をタップすると、当初は、下記図のようにWi-Fiがオフになっていますので、これをオンに変更します。


オンに変更するとSSIDの一覧かその他を選択し、下記のとおりネットワーク名とセキュリティ(パスワードのこと)を入力するだけで、設定が可能です。


一度Wi-Fiを設定を完了してしまえば、以降は、Wi-Fiをオンにするだけで、iPhoneが自動でネットワークを探して接続してくれます。

なお、Wi-Fiをオンにすると、電池消費する原因になりますので、不要なときはオフに設定して、必要なときだけオンにするようにします。そうすることで、電池消費を抑えることができます。

iPhoneのWi-Fi接続を確認する。

上記の用に設定したあとは、下記の箇所で、Wi-Fi接続がされているかを確認できます。
Wi-Fiをオフからオンにする画面のネットワークの一覧(ネットワークを選択...)で対象のネットワークにはチェックがはいり、Wi-Fiのマークも表示されます。


二つ目は、iPhoneのホーム画面のヘッダー部分が3GからWi-Fi用に下図のように変化します。
3Gのとき    Wi-Fiのとき
  →  
Wi-Fiの電波が悪い時は扇形のマークが小さくなります。上図は一番電波がいい状態のときです。


電池の消費を抑える設定