ホーム » iPhone内を検索する

iPhone内を検索する

長くiPhoneを利用していると、昔使っていたアプリをどこに置いたかわからなくなったりして、アプリを探すのが手間になってくると思います。また、普段あまり使わないけど、ふとしたタイミングで、そのアプリを使いたくなった時など、アプリをさっとスマートに探したいものです。

iPhone使い方として、目で探すよりは、キーワードで検索できたら、便利ですよね。
実は、iPhoneには、自分の中を検索する機能が付いています。

この機能を使えば、どこに置いたかわからなくなったアプリを検索したり、メールの中の本文や、音楽の曲名までも検索することができます。

iPhone内を検索する方法

まずは、iPhoneのホーム画面を一番左(赤枠の虫眼鏡のマークの位置)にスライドさせてください。※ホーム画面のTOP画面でホームボタンを押しても遷移可能ですよ。


画面が遷移したら、iPhoneを検索のバーに検索のキーワードを入力します。
ここでは、ゲームをキーワードにしています。


上図を見ると、「ゲーム」というキーワードのあるアプリや、音楽ファイル、MMSの内容が表示されているのがわかりますね。この機能を使って、探したいメールや、アプリをささっとスマートに検索して利用することができます。

iPhone内の検索対象を絞って検索する。

iPhone内を検索するとき、アプリだけを検索するとか、音楽だけを検索するとか、検索対象を絞って検索することができます(Spotlight検索)。

そのSpotlight検索の方法をご紹介します。
まずは、「設定」→「一般」をそれぞれタップします。


つづいて、「一般」のページ真ん中にある、Spotlight検索をタップします。


Spotlight検索の設定画面では、下図のように検索対象の一覧が表示されています。
☆ここに画像を挿入する。


チェックがついているものが検索対象のもので、チェックを外すことで検索対象から外すことができます。

上の図では、ミュージックを検索対象からはずしたので、表示されていないことがわかります。


電池の消費を抑える設定