ホーム » 安全に使う

はじめに

スマートフォンを安全に使うために

iPhoneのようなスマートフォンと呼ばれる多機能携帯電話は、電車の中、コーヒーショップ、公園のベンチ、自宅のソファなど、ありとあらゆる場所で気軽に利用されています。



PCと同じように、インターネット上の動画も見られるし、漫画などの本を読むことも出来ます。買い物も出来るし、アプリを使って、小遣い帳を付けることも出来ます。

そんな非常に便利な携帯電話は、WEBサイト(SNSなど)が特に不便なく利用できたり、さらには教育現場でも教科書の代わりに利用されたり、医療現場で持ち歩き可能な情報端末として利用されたりと、もう、PC(パソコン)と同様にいろいろなことができて、持ち運びができるため、パソコンを越える勢いです。

スマートフォンの機能は、パソコンとほぼ同じと考えることができるのです。
大きさが全然ちがうので、イメージがしにくいと思いますが、それくらい小さな端末に多くの機能が含まれていると言うことです。だから、とても便利なんです!



しかしながら、ITの世界では、便利と危険は表裏一体です。便利になると、多くの人たちがサービスや製品を使いはじめます。多くの人が使い始めると、悪い人たち(攻撃者)にとっては、悪いこと(攻撃)がしやすくなるのです。

スマートフォンができる前の携帯電話は、その利用環境がある意味閉鎖的(必ずdocomoとかauとかsoftbankとかのサービス)であったために、一定の水準で安全性が保たれていて、悪い人たちのターゲットになりにくかったのですが、パソコンと同じ利用環境のスマートフォンは悪い人たちの攻撃対象として格好のターゲットとなっています。

特に、最近では、小学生がスマートフォンを持っているケースを見かけます。ちょっと複雑ですが、自分や自分のお子さん、大切な人が被害にあわないためにも、ポイントを抑えて安全に楽しくスマートフォンを利用したいものです。

パソコンのインターネットが広まった、およそ10年ほど前は、インターネットに接続しすぎや、アイテム購入、ワンクリック詐欺などの光学な金額の請求が問題になりました。

まだ、日本の法律は、新しい技術についていくことが出来ず、こういった新しい技術に関連した被害者は多くなり、それを食い物にしようとする悪い人たちも多くいます。

こういった問題に対しては、自分に知識や意識がないことには、どうしようもない問題と言えます。特に、お子様(未成年者)は良く理解もしないで興味本位で突っ走ってしまうことがよくあります。気がついたら、大変なことになっていたと言うこともあります。

そういうことがないように、特に未成年者には、意識付けの教育が必要になると思います。
             

知らないでは済まされない!!

スマートフォン(iPhoneを含む)の出荷台数は、現在、DoCoMo、SoftBank、KDDI各社にて出荷台数が従来の携帯電話より多くなっています。

パソコンを含めたインターネットなどのいわゆるネット産業は20兆円規模に上がり、停滞する日本経済で唯一成長産業となっています。

しかし、光あるところに影があるように、一件華やかなビジネスの源泉を注意深く見ていくと、「無料」と称して巨額の利益を得ようとする悪い人たちの姿もあります。

そんな悪い人たちに利用されないためには、知識が必要です。

あなたが持っているスマートフォン(iPhone)は世界中と繋がることで、本当に便利になりました、しかし、それは悪いことを考えている人たちにも言えることです。便利になれば、なるほど悪い人たちにもその利便性は悪い方面で利用されやすくなります。

これからますますスマートフォン(iPhone)を利用する人たちが増えてきます。あなたやあなたのお子さんが被害者とならない様、自分を守る知恵・情報を身につけましょう。


電池の消費を抑える設定

スマートフォンのセキュリティ