ホーム » 文字入力

iPhoneの文字入力

基本的な操作を覚えたら次は、早速文字を入力してみよう。これまでのガラパゴス携帯に慣れた人は、iPhoneを使い始め、文字入力はやりにくいと感じるかもしれません。しかし、これを見れば、基本をバッチリマスターできるので、iPhoneの文字入力もスムーズにできるようになりますよ!

まずは、メモ帳を開いてみましょう。メモ帳は下の図ようなアイコンのアプリです。iPhoneに標準で搭載されてます。起動はタッチ操作の基本で記載したとおりタッチするだけでOKです。

iPhone キーボードの種類

文字入力の方法(キーボードの種類)はいくつかあります。

iPhoneのキーボードは、上の図のように、
「日本語かな」、「日本語ローマ字」、「絵文字」、「English(US)」があります。
赤い四角の部分を、ロングタップすることで変更できます。

日本語かな入力

「日本語かな」:旧携帯(ガラパゴス携帯)のボタンキーと同じキー配置の入力方法です。
キー項目が大きいことと、以前の携帯と同じ文字配置なので、入力を覚えやすいと思います。入力方法は、文字を1回タップすればあ行2回でい行というこれまでと同じように入力することもできます。

☆便利☆
次のページでも紹介していますが、iPhoneの日本語かな入力には、フリック入力という画期的な入力方法が、あります。このフリック入力を覚えられれば、iPhoneの日本語入力が非常に楽ちんになります。

日本語ローマ字入力

「日本語ローマ字」:パソコンのローマ字入力と同じキー配置です。その名のとおりローマ字で入力することができます。両手で入力出来る時は非常に便利な入力方法となりますが、片手で操作するにはちょっと不便に感じるかもしれません。

絵文字

「絵文字」:iPhone用の絵文字を入力できます。可愛い絵文字がいっぱいですので、一回見てみるといいと思います。

English(US)

「English(US)」:パソコンの直接入力と同じです。

上の図の赤枠で囲まれた、↑(上矢印)はパソコンで言うシフトボタンと同じです。↑(上矢印)が白く光っているときは大文字、そうでないとき(上の図のようなとき)は小文字入力です。

なお、「123」は数字記号入力の切り替えが可能です。タップして確認してみてください。

電池の消費を抑える設定