ホーム » 操作の基本

操作の基本

これをしらないとiPhoneの操作はできない。超基本的な操作方法

タップ操作

タップ操作とは、ディスプレイを一回タッチすることです。よく画面をタップすると呼ばれ方をします。 パソコンで言えば、クリック(XP等ではダブルクリック)に相当する操作です。ディスプレイ上に表示されているテキストや、アプリ(アイコン)などを 「トン」っと優しく叩く基本操作となります。※このとき爪で叩くと、画面を傷つけるばかりか反応しません。指のお腹(指紋の渦の中心あたり)より ちょっと上の当たりで軽くタッチするとよいです。

ロングタップ

タップ操作は「トン」と叩くイメージですが、タップ操作の際に指を直ぐに離さず画面に触れたままの状態(いわゆる長押し)にすると、ロングタップになります。 こちらはドラッグや文字操作の時に良く利用します(入力方法の変更や、入力位置の変更など)ので、ロングタップの名前は覚えておいてください。

ドラッグ・スライド・スクロール

ドラッグはパソコンでも行われるドラッグ&ドロップのドラッグと同じです。 アプリ(アイコン)をロングタップすると、アプリがゆらゆら揺れます。この状態のときに、アプリを自分の好きな位置に移動させることができます。

スライドは画面を左右に滑らせる動作のことを言います。タップする要領でディスプレイに触れて、シュッと左右のどちらかになぞって見てください。 画面がスライドしませんでしたか?これがスライドです。

スクロールはスライドが左右なのに対して、上下にスライドさせる動作をいいます。スライドさせたときと同様にシュッと上下になぞるとスクロールできます。 パソコンのマウスのコロコロ部分同じ動作になります。
※基本的にホーム画面では、スクロールはできませんが、WEBサイトなどを閲覧する時に利用する頻度の高い動作です。

拡大(アップ)/縮小

画像を見るときなどに使う操作です。ディスプレイを2箇所同時にさわり(2つの指で同時に触り)、距離を離すようになぞると拡大、逆に近づけるように なぞると縮小します。行うときは、親指と人差し指をくっつけ、その状態でディスプレイにタッチし、親指と人差し指を離したり、近づけたりしてみてください。 画像が拡大したり、縮小したりするのがわかるはずです。

ダブルタップ操作

タップ操作を連続で、2回行うことです。パソコンのダブルクリックのイメージでが、パソコンの時のように頻繁に使うことはありません。 文字を選択する際や、画像を拡大、縮小するときなどに極たまに利用します。


電池の消費を抑える設定