ホーム » ユーザ辞書の活用

iPhoneのユーザ辞書を利用する

iPhoneのようなタッチパネル仕様の携帯電話は、直感的に捜査を行うことができますが、比較的に文字入力がやりにくいというのが難点かと思います。

ユーザ辞書は、よく使う文字を登録しておいて変換機能を使って簡単に引き出してしまうという機能です。iPhoneではせっかく、さまざまなWEBサービスをPC利用できるのですから、文字入力もスマートにこなしたいですよね。そんな方にはこの機能は必見です。

iPhoneのユーザ辞書に登録する

iPhoneでは文字入力をシンプルにできるようにユーザ辞書登録ができるようになっています。
ユーザ辞書はたとえば、よく使う文字列を読み方を省略して登録しておいて、文字を入力する際にその省略文字を入力し変換することで呼び出すことができるという便利な機能です。

どんなに長い文字列を入力しても、読み方を一文字(あ等)で登録すれば、その一文字を入力した後に変換すれば、長い文字列を呼び出せます。入力が面倒な住所などを登録しておくと便利です。

登録方法は、下図のように設定→一般→キーボード→ユーザ辞書の新規単語を追加を選択してください。

単語とよみを入力できますので、単語には返還後の文字列、よみには返還前の文字列を入力します。保存ボタンを押すと一覧に追加されます。

例として、「東京都港区三田」を「と」で登録しました、すると、下記図のように「と」の変換候補の中に「東京都港区三田」が表示されるようになります。

これで、「と」と入力しただけで、住所を入力できるようになりました。これは非常に楽ちんですよね。


電池の消費を抑える設定