ホーム » アプリをフォルダで整理

iPhoneのアプリをフォルダで整理する

iOSのバージョン4が発売されて、アプリをフォルダに格納して整理整頓できるようになりました。アプリは写真用のアプリや、ゲーム用のアプリなどでまとめることが出来ます。フォルダは一階層まで作成出来ます。

アプリをまとめるフォルダを作成する。

iPhoneではホーム画面を自分の好きなように揃えることができます。

これらのアプリは、配置を変えることができます。まず、ホーム画面にて、適当なアイコン(アプリ)をロングタップ(タップして離さいない状態)してください。すると、ホーム画面の中のアプリがゆらゆらと揺れ始めアプリに下図のように×が表示されます。

↓プルプルとアプリが揺れます。微妙にアイコンが歪にずれてます。

※上の図のように×(バツ)印が表示されているアプリは削除することが出来ますが、表示されていないものは、削除することができません。
アプリの削除

上図のようにプルプルとアイコンが揺れている状態であれば、アイコンを好きな場所へ移動させることができます。アイコンにタップしたまま上下左右好きな位置に移動させて見てください。右のページへ移動させたい場合などは右の側面へ向けてスライドさせていくことで、移動出来ます。

その状態から、下図のようにまとめたいアプリをまとめたいアプリの上に置くようにスライドさせてみてください。すると自然とフォルダが出来てアプリがなかに吸い込まれて行きます。

上図はフォルダが出来る瞬間の状態です。
ホーム画面のカスタマイズ

フォルダの名前は基本的に自動的に入力されますが、変更することもできます。その場合はフォルダを開いてから、アプリを移動できる状態(下記図のようにプルプルとあぷりが揺れている状態)にすると名称も変更できますので、お好きな名前に変更してみてください。

上記図のミュージックの部分を編集することで名称を変更できます。


電池の消費を抑える設定