ホーム » 電池の消費を抑える設定

iPhoneの電池消費を抑える

これまで、携帯電話(ガラケー)は、待機時間がいかに長いかが重要な要素でした。携帯電話はあくまでも携帯電話で、通話・メールをするのに困らないためには長時間電池を持たせる必要があったからと考えられます。

そのうち、技術が発達して、ガラケー位の携帯電話であれば、どの機種も十分な待機時間を維持できるようになりました。

ところが、昨今では、携帯電話はゲーム機として使われる様になったことなど、さまざまなコンテンツをダウンロードして使われるようになり、やり取りするデータが増大、ディスプレイの高精細などの要因で携帯電話の消費電力も増大しています。

また電池を長持ちさせることが出来るかは、重要な事項となっているといえます。これは、大容量通信、高精細ディスプレイを持つiPhoneにもいえることです。ここでは、iPhoneの良さを引き出しつつ、iPhoneの電池消費を抑える方法をご紹介していきます。

iPhoneの消費電力を抑える方法は、サウンドの微調整位置情報サービスをオフにする自動ロックの時間を短くするアプリを完全に停止する、などありますが、特に重要な4つをここで紹介します。

Wi-Fiをオフにする

iPhoneは、通常の携帯電話と同様に各回線が圏外になる(いわゆる電波が届かない状態)と接続確認のため電波を送信します。Wi-Fiをオフにすることで、Wi-Fiの電波を探さなくなるため、その分電池消費を抑えることにつながります。

iPhoneのWi-Fi機能をオフにする。

Bluetooth通信をオフにする

Wi-Fiのときと考え方は同じです。オンのままですと、接続確認のため電波を送信し続けることになりますので、Bluetoothをオフにすることで、Bluetoothの電波を探さなくなるため、その分電池消費を抑えることにつながります。

Bluetooth通信をオフにする。

メールの取得頻度を変更する

こちらも考え方は同じです。メールを取得する頻度が頻繁だと、その分メールを取得しようとするためにメールサーバへ接続するために電波を送信することになります。メールの取得頻度が低いとその分電池消費を抑えることにつながります。

メールの取得頻度を変更する。

ディスプレイの明るさを変更する

iPhoneは、高精細なディスプレイを搭載しています。そのため、ディスプレイに情報を表示させるだけでも著しく、電池を消費します。これは、意外とテレビの電気代金が高いのと同じです。ディスプレイの明るさを少し暗くするだけで、電池の消費をかなり抑えることができます。

ディスプレイの明るさを変更する

電池の消費を抑える設定

当サイトについて